ネットワークの良し悪し

スポンサーリンク

ちょっと前までは
インターネットなんて考えられなかったし

世界の誰とでも リアルタイムでいつでも繋がる事ができるなんて
これっぽっちも考えつかなかった

しかし今は それが当たり前になり

それによって
世界の輪が乱れまくっている

国から国の批判や
固有名詞での誹謗中傷

名前が出ない事をいい事に
『死ね』だとか 『消えろ』だとか

平気で書き込まれている

本当に それでいいの?

他国への批判も

冷静に考えて見れば
自国贔屓は仕方ないかも知れないが

目線を変えて自国を見たら

自国の嫌な部分て 本当にたくさんあるんじゃねえか!?
と思う

もう それって…

レベルが低いとか 次元が低いとか
そんなんじゃなくて

一つの魂として

自分は大丈夫か

スポンサーリンク

恥ずかしくないか

昔習った 道徳心は
何処へ

恥を晒していることにさえ
気付けなくなっているのか…

ネットワークで誰かを批判し
その人が死にました…

それで ニヤリ…となるのか?

ざまあみろ!! と なるのか…

人間って そんな物なのか

おらも 頭に来たり あの野郎…と
思う事がある

それが 続くと
何だか具合が悪くなる事に気づいた

そう言う気持ちや言葉が

自分を蝕むのかもと
ちょっと思うようになった

世界には
日本人を絶賛したり

日本が好きだと言ってくれる

思ってくれる人がたくさんいる

その人達の目線の先にいる自分達は
本当に大丈夫か

ちょっと 最近の日本人は

日本人としての感覚をも 見失ってる気がする

多分

そう思ってる人は他にもいるはずだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

Lankingの応援よろしくお願いいたします

母国語に翻訳してね!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前回の記事に引き続き、自閉症の息子さんを精神病院に預ける事になってしまい、その結果面会もさせても…
  2. 今日インフルエンザの予防接種を受けてきました。子どもも一緒に母も一緒に受けてきたのですが、注射を受…
  3. 慢性腎不全の叔母がC型肝炎の治療薬『マヴィレット』を処方されたというのは前回の記事でお話ししましたが…
ページ上部へ戻る