娘が入学! 誰もそんな事知ったこっちゃないのが悲しい

スポンサーリンク

もうすぐ娘が小学校に入学する。それはとてもうれしい事なのですが、今、我が家は本当に大変な時期にきている。

その理由は、旦那の叔母と祖母の世話を私が担当しているからで、とにかくちょくちょく駆り出されては用事を足さなくてはならないのだ。

私は自宅で仕事をしているのですが、そんな事はお構いなしで連絡が入り、「明日来てくれない?」とか「明後日来てくれない?」という感じで呼び出しされるのです。

それでもまぁできる範囲内で頑張っていたけれど、先月になって急に介護付きホームの入居が決まったので、予定外の引っ越しの準備をしなくてはならないのです。

Hans / Pixabay

それまでは叔母の家には洗濯機も冷蔵庫もテレビも全てあったのですが、アパートを引き払う時に突然、何も世話もお見舞いもしていない旦那の母がやってきて、「姉ちゃんどうせテレビ必要ないだろうからもらう」というのだ。

思わず、すぐに必要になるのにどうして持っていく? 必要になったらどうするのか? と聞いてみると、必要になったら息子に行って(次男)買ってもらうからいいというのですわ。

で、テレビを持って行ったのが1月、引っ越しが決まったのが3月! 必要になったのはいいけれど、今度は叔母が「悪いから半分出してくれればいい」と言ったらしい。

そう言っても勝手にもらっていったのだから、全部払うと言えばいいのに「じゃぁ半分出す」となったらしく、私に「半分出してやって」というわけ。

でもね、叔母や祖母の年金は支払いをして(2か月でかつかつの状態)すでに無いのに、出してやってと言われたら出さなくてはならないのです。

結局立て替えるという形でテレビは購入して、施設の方に置いてきたのですが、内の娘の入学までもう1週間を切っているのに何も用意ができない状態。

本当に非常識な人たちで困ってしまっているわけです。ちなみにテレビだけではなく、お布団セットも買わないとダメだったし、車いすに使うクッション(介護用8,000円)と介護用の靴(8,000円)も買ったのでそれも出さなくてはならなかった……。

brotherbae / Pixabay

実は3月中に同じ靴8,000円のお金も出しているのですが、その理由が「今履いてるのは外履きにして、次買うやつは施設の中で履くやつにしたい」という理由。

それはいいよ。おしゃれ楽しみたいだろうから賛成なのですが、何も今じゃなくたってよくね? って話なのです。

おかげで旦那の給料は家賃と光熱費と叔母の準備に使ってしまい、給料日の次の日にはなくなってしまったという状態。

もともと旦那の給料なんて高校生のバイトクラスしかないので、根こそぎ彼の身内に取られた感じがして悔しくて仕方がない!

仕方がないので娘の準備は後回し、私が仕事をして入金申請して早めに入れてもらって、靴を買う事となったわけです。本当に情けなくて悲しくて最低!

これからの事が本当に心配!

何しろ引っ越しをして翌日だけは何もないのだけれど、その翌日にはまた病院に叔母を連れていかなくてはならないというわけです。

叔母はずっと苦労してきて、人の面倒を見てきた人だから、余生はゆっくりと過ごしてもらえればいいなと思っているけれど、彼の身内はひどすぎる!

実の姉や母の事なのに、自分は働かないと食べていけないといって何もせず、全部を私にまかせっきり! 認識の違いなのかもしれないけれど、もう少し自分の親兄弟の事を考えろよって思います。

ももうくったくた! だって先月からお金のかかることばっかり頼まれて、もう私だって限界が近くなっているのです。

しかも私は実母と一緒に暮らしているので、家の中でもプライバシーも無ければ休息できる場所も無い!

実母もひどい人間なんだこれが!

annca / Pixabay

私の実母は、私が普段旦那の身内の事や娘の事で遁走しながら仕事をしているのを知っているのですが、この母が本当にひどい人間だったりするんです。

まず、去年の12月に私とパチンコなどをやりまして、その時は私は4万ほど勝って母はとんとんくらいで終わったのですが、それからしばらくして機会があったのでまたやったんです。

そしたら私が22万ほど勝ちまして、母はぼろ負けの状態になってしまったのです! それは仕方がないけれど、私の勝ったお金を狙っているわけです。

半端な勝ち分頂戴よ! その時の半端なお金は6万円! 「何言ってんの?」というと「そんなに勝ったんだからいいじゃないよ!」としつこいので、半端は渡しました。

それからです。母が毎日のようにパチンコに行くようになったのは! そしてとうとう先月はぼろ負けに負けてしまい、私が渡したお金も全て負けてその上自分の年金も全て使ってしまったのです!

だから半月の間何も買わないで生活をしていたわけですね。ところが母の年金が入るのは4月でしょ? 何も買わないで生活はできないので、お給料が入った日に1万円渡したんです。

「これで15日まで食べなさい」とね、本当は私だって娘の準備もあるし、お金なんて余計に持っているわけではなかったのですが、母はどこかで当てにしているところがあってね。

差し出したら躊躇する事なく受け取りました。そして、昨日買い物に行った時、レジを抜けた母がこうつぶやいた! 「あ~あ、1万円消えちゃった」

こっちは娘の入学準備のお金がなくて、それでも渡したお金だったのに……。しかも「昨日は何も食べるもん買ってないから買わなくちゃ」というわけです。

飽きれてものが言えません! 結局最後はコーヒーを買って全て使い切ったみたいですね。そんな最低な実母は旦那の身内の事をとにかく悪く言います。

それは当然なのかもしれないけれど、自分の事を棚に上げてひどい事を言う姿を見るたびに、「お前も一緒だろ?」と言いたくなってしまうのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

映画 DVD レビュー

  1. 今回は、ちょっと前に観た「ザ・ブリザード」という映画をご紹介したいと思います。 もう皆さんご覧…

ピックアップ記事

  1. 娘が小学校に入学するこの時期に、叔母のホーム入所が決定して毎日がてんてこ舞いになってしまっています。…
  2. 普通は結婚して収入を助けるために女性がするとしたら、外でパートをしたりアルバイトをしたりすると思うの…
  3. 以前はMobavleTypeというブログツールでブログの更新をしていましたが、あまりにも使い勝手が悪…
ページ上部へ戻る