【ギネス認定】Ace of Base おすすめアルバムまとめ

  • 2017/10/12
  • 【ギネス認定】Ace of Base おすすめアルバムまとめ はコメントを受け付けていません。
スポンサーリンク

ファーストアルバムがギネス認定の伝説のグループ-Ace of Base

Ace of Baseをご存知でしょうか? 恐らく今の若い方は「知らない」と答える方の方が圧倒的に多いかもしれません! でも今の若い人が聞いても絶対にカッコいい印象を持つと思うので、私も大好きなAce of Baseのアルバムをご紹介いたします。

Ace of Baseはかつて世界を一世風靡したABBAを排出したスウェーデン出身の男性2人女性2人のグループです。メンバーの名前は以下の通りです。

Ace of Base のバイオグラフィ

Ylvers / Pixabay

  • Jonas Berggren (ヨナス・バングレン)1967年3月21日生
  • Malin Berggren(マリーン・バーグレン)19770年10月31日生
  • Jenny Berggren(イェッニー・バーグレン)1972年5月19日生
  • Ulf Ekberg(ウルフ・エクバーグ)1970年12月6日生

察しの良い方はわかると思いますが、兄妹の三人にウルフを加えたグループです。ABBAは2組のカップルでしたけれどこちらはちょっと違います。それでも美しい歌声とスター性はABBAを彷彿とさせるものがありました。

ただしAce of Baseはレゲエとテクノミュージックを程よくミックスした感じの音楽で、とても心地よく自然に体がリズムを取ってしまう(どこかで聞いたフレーズだけど)ような、ちょっと懐かしい感じのするミュージックなのです。

当時はクラブとかでユーロビートで「ヒューっ!」という感じだったので、Ace of Baseがデビューした時はかなり衝撃的で、ファーストアルバムはギネス認定されたほどの売り上げだったのです!

デビューしていきなり大ヒットを連発したAce of Baseですが、スウェーデン出身なのに本国のレコード会社には相手にされず、お隣の国のデンマークのレコード会社に才能を認められ1882年にデビューしました。

1stシングルはそれほどのヒットはしませんでしたけれど、セカンドシングルの「All that she wants」が世界中で大ヒットをし、続く「The Sine」と立て続けに大ヒットとなりました。

ファーストアルバムの「Happy Nation」(日本では「The Sine」)が総売り上げ2300万枚以上も売れ、これがギネスに認定されたのです。

メンバーの一人が重度の病気を発症

12019 / Pixabay

デビューから瞬く間に世界的なトップスターになったAce of Baseでしたが、デビューからわずか4年後くらいからヴォーカルの一人、リン(Marin 金髪の方)に異変が現れ始めました。

インタビューにも答えなくなりテレビ番組にも出演しなくなり、コンサートでも姿を隠したまま参加するなど、数々の奇行を起こすようになっていったのです。のちにメンバーの口から「カメラ恐怖症」だという事が発表されました。

結局その恐怖症があるためこの頃からグループから脱退していたと、これも後になって10年も経過してからですが伝えられ、結局伝説のグループAce of Baseは2015年まで活動をしていましたが、現在はアルバムを出す事はなく残った3人で活動をしているようです。

ハッキリとはわからないのが残念ですが、オフィシャルサイトがあるので活動はしているのでしょう。またアルバムが出たらうれしいなと思います。

おすすめアルバム1 ギネス認定のデビューアルバム『The Sine』

1993年リリース:『The Sine』に収録されている曲

スポンサーリンク
  1. All That She Wants
  2. Don’t Turn Around
  3. Young and Proud
  4. The Sign
  5. Living in Danger
  6. Dancer in a Daydream
  7. Wheel of Fortune
  8. Waiting for Magic (Total Remix)
  9. Happy Nation
  10. Voulez-Vous Danser
  11. My Mind (Mindless Mix)
  12. All That She Wants (Banghra Version)

神曲ばかりを収録してある聞き応えのあるアルバム

1993年に発売された全世界で2300万枚を売り上げたギネス級のおすすめアルバムです。Ace of Baseのヒット曲「All that she wants」「The Sine」などが収録されています。

他の方はどう思うのかはわかりませんが、とてもセクシーなメロディーがとっても良いです。何となく投げやりな歌い方というかさりげなく歌っているのに、それがまたメロディーやリズムにピッタリなのが最高です。

Ace of Baseのアルバムの中でイチ押しのアルバムです。動画はオフィシャルのものですのでぜひ一度聞いてみていただきたいです。

おすすめアルバム2 より心地よさが味わえる『The Bridge (1995)』

1995年リリース:『The Bridge (1995)』に収録されている曲

    • Beautiful Life
    • Never Gonna Say I’m Sorry
    • Lucky Love
    • Edge of Heaven
    • Strange Ways
    • Ravine
    • Perfect World
    • Angel Eyes
    • Whispers in Blindness
    • My Déjà Vu
    • You and I
    • Wave Wet Sand
    • Que Sera
    • Just ’n’ Image
    • Lucky Love (Acoustic Version)
    • Experience Pearls
    • Blooming 18
    • Love for Sale (Bonus Track)

幸せな気分に浸れるAce of Baseのセカンドアルバム

1995年に発売されたセカンドアルバムには『Beautiful Life』を始めとした曲が18曲収録されています。どの曲も軽快なリズムでAce of Baseらしさを楽しめる作品になっています。

『Lucky Love』も人気の高い曲ですね。この世界の素晴らしさを実感する事ができる曲です。パンチが効いているけれど柔らかい歌声に、ついつい聞き入ってしまいます。

ワクワクするようなリズムのある曲ばかりではなく、しっとりと聞ける曲も収録されています。ドライブやお部屋でくつろぐ時に聞くのにもピッタリです。

おすすめアルバム3 ジャケットが話題となった『Cruel Summer (1998) 』

1998年リリース:『Cruel Summer (1998) 』に収録されている曲

      1. Cruel Summer
      2. Donnie (Ole Evenrude Version)
      3. Whenever You’re Near Me (US Album Version)
      4. Everytime It Rains
      5. Adventures in Paradise
      6. Don’t Go Away
      7. Cecilia
      8. He Decides (Charles Fisher Mix)
      9. Always Have, Always Will (Edit)
      10. Tokyo Girl
      11. Travel to Romantis (Love to Infinity Mix)
      12. Cruel Summer (Blazin’ Rhythm Remix)
      13. Kings and Queens (Bonus Track)

1曲目からノリノリ! 個人的には大好きなアルバム

1998年にリリースされたこのアルバムは、曲よりなによりジャケットが世界中で話題となりました。その異様さはリンのカメラ恐怖症からくるものだったのですね。

個人的にはすごく大好きなアルバムです。歌謡曲? と思えるメロディーがとっても好きです。新しい感じがするけれどやっぱりすごく懐かしい感じがするのです!

どの曲が良いとかではなく全ての曲がおすすめです。個人的にはこのアルバムこそが神アルバムだと思っていたりします。もしもAce of Baseを知らないという方は、こちらのアルバムもぜひ聞いてみてくださいね。

今も静かに活動中のAce of Baseの今後に期待!

実は2015年のアルバムまでリリースされていて、そのアルバムは何となく昔のAce of Baseではなく現代風な印象を受けます。しかもあれほどジャケットには映る事が無かったリンがジャケットに入っています。

もしかすると別の方かな? と思うのですが、もしかすると長い年月を経てカメラ恐怖症を克服できたのかもしれませんね。もしもそうなら今後もきっとアルバムをリリースしてくれると信じて楽しみにしたいです。

そのアルバムがこちらです! 興味がある方はぜひ一度聞いてみてくださいね。

より現代風になった印象の『Hidden Gems (2015)』

2015年リリース:『Hidden Gems (2015)』に収録されている曲

      1. Would You Believe
      2. Go Go Go
      3. Into the Night of Blue
      4. Don’t Stop
      5. Make My Day
      6. Mercy Mercy
      7. No Good Lover
      8. Summer Days
      9. Giving It Up (Remake)
      10. Come to Me
      11. Prime Time
      12. Look Around Me
      13. Pole Position
      14. Sunset in Southern California
      15. Moment of Magic

いかがだったでしょうか。今回はスウェーデンが生んだ伝説のグループAce of Baseのおすすめのアルバムをご紹介いたしました。

現代の方にも十分楽しんでいただける曲ばかり収録されていますので、ギネスに認定されるアルバムってどんなアルバムなんだろう? と興味を持った方はぜひ動画をお楽しみくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

映画 DVD 音楽

  1. ティアーズ・フォー・フィアーズってどんなグループ? ティアーズ・フォー・フィアーズは1981年にデ…
  2. ファーストアルバムがギネス認定の伝説のグループ-Ace of Base Ace of Baseをご…
  3. 未だに根強い人気のホラー映画『フェノミナ』とは? 1985年公開のイタリア映画 監督:ダリオ…
  4. アヴリル・ラヴィーンのファンはいつも彼女から勇気や元気をもらっています。普段は隠している本音をさらけ…
  5. 今回は、ちょっと前に観た「ザ・ブリザード」という映画をご紹介したいと思います。 もう皆さんご覧…

ピックアップ記事

  1. 在宅ワークをするのなら誰もが必ず持っていなくてはならないのがパソコンです。在宅ワーカーにとってのパソ…
  2. こんにちわ! 今日の高知県は朝ちょっと雲が多かったようですが、昼過ぎからはぴーかんになり例年の暑さ?…
  3. 私たち日本人が暮らしている日本という島国は、4つのプレートによってできていて、それぞれのプレートがぶ…
ページ上部へ戻る