Amazonアソシエイト承認がすごく難しいけどどうしたら通る?

  • 2018/1/25
  • Amazonアソシエイト承認がすごく難しいけどどうしたら通る? はコメントを受け付けていません。
スポンサーリンク

Amazonアソシエイトってどんなもの?

ブログやサイトの運営をしているとAmazonの商品の紹介している方もたくさんいらっしゃいます。無料ブログではよく見かける光景ですけど、あれはアフィリエイトと同じものです。

自分の持っているブログやウェブサイトでAmazonの商品を紹介して、その商品を購入してもらう事によって報酬を得るという、Amazon独自のアフィリエイトプログラムですね。

Amazonで販売している商品やサービスを全て紹介する事ができます。商品の紹介を行うことで商品が販売された時は、1%~10%の紹介料を獲得する事が可能となります。

登録をするのはとっても簡単なのですが、なかなか承認がもらえないのがAmazonの厳しいところです。実際に私も昔は持っていたのですが、メインのメールを変更できないなどのトラブルがありました。

で、メインのアドレスがすでに消滅してしまっていたので、変更することができませんで、新しくアカウントを作ろうとしたのですが、それが承認がおりなくて困っている状態なわけです。

世界中のさまざまな商品の紹介ができるので、Amazonのアソシエイトができるようになるといいですね。幅が広がります。という事で今回はAmazonのアソシエイトに参加するための方法についてをまとめてみました。

Amazonアソシエイトの承認を受けるのに必要なもの

Amazonアソシエイトの承認を受けるためにはブログやウェブサイトが必要です。私はこのブログでチャレンジしてみましたが、今日申し込みをしたのでどうなるのかはわかりません。

確かこのサイト、前回申し込んでみたところ非承認となりました。困った事にAmazonのアソシエイトの承認を得るために何が必要なのがわからないのです。色々なブログやサイトをめぐってみました。

でもどの方もわからないようでした。ただ更新頻度は重要なのではないかという事でしたので、毎日じゃなくてもあまり間をあけずに更新すればいいのかもしれませんね。

あとはどのアフィリエイトでも同じですが、内容も重要のようですね。いくら毎日更新していても、内容が薄かったら更新していないのと同じこととみなされるのかもしれません。

有益な情報を提供できるブログやサイトである事が条件の一つになっているのは事実かもしれません。もしかするとその点ではアフィリサイトに登録するのが一番簡単なのかもしれないですね。

Amazonアソシエイトの承認を得るのは至難の業!?

geralt / Pixabay

これまで自分のブログやサイトを含めて、さまざまなブログやサイトさんにお邪魔させていただき、Amazonアソシエイトについての承認についての内容を見てきました。

でもやっぱりAmazonの承認を取るのに意外と苦戦しているという事がわかりました。確かに難しいんですよね。私も結構ブログを作っているのですけれど、承認が通らないので何が悪いんだろう? とつい思っちゃうんです。

このブログは色々なジャンルの寄せ集めのようなブログなのですが、他のブログは専門なので内容的には問題はなさそうなのに、なぜなのかわかりませんが合格しないのですね。

そこで思ったのは更新頻度ですよ! 更新頻度だけはなかなか稼ぐことができないのです。それと、皆様ご存知かと思いますが、Wordpressって投稿予約ができるって知っていましたか?

レンサバでWordpressを運営している方の場合は、クーロンの設定をしなくちゃなりませんけれども、クーロンを設定してしまえば予約投稿ができるようになるので、設定するといいですよ!

さくらインターネットもロリポップもエックスサーバーも全部クーロン設定する方法があるので、いつか設定のやり方をご紹介します。

話がそれましたが、Amazonアソシエイトで承認を得るには、ブログやサイトの内容と更新頻度という事になりそうですね。

Amazonアソシエイトの承認を得る近道はある?

近道はないでしょう。昔はぺらサイトみたいな数ページだけのサイトでも、承認を得る事ができていましたけれど、今はそんなペラペラなサイトじゃ絶対に承認は得られないでしょう。

しかもAmazonアソシエイトの場合は、一つのサイトが承認を得られたからといっても、他のサイトを追加するにはまたそのサイトは承認を得られるようにしなくてはなりません。

スポンサーリンク

つまりサイトを追加しようとしたら、そのすべてのサイトで承認をえられるように工夫しなくてはならないわけですね。

ちなみに主婦の方が更新をしているブログって意外とAmazonの承認を得ていたりします。これって多分共感を持てる内容の記事がたくさん更新されているからなのでしょう。

意外と苦労なく承認を得ている方もいるようなので、それはそれで「何で?」なんて思ってしまいますが、いかに共感をもってもらえる記事が書けるかもポイントなのですね。

Amazonアソシエイトの承認を得られやすいと考えられるサイトの内容は以下の通りです。

  • サイトの内容が有益である
  • サイトの記事の更新頻度が高い
  • サイトの内容が共感を得やすい
  • サイトの記事の数が30記事以上ある

これらの項目を満たしていれば、恐らく審査が通るのではないかと思うのですが、こればかりは理由がわからないので推測の域を出ないのが残念です。

ちなみに私がこのブログを始めて申請した時に戻ってきたメールの、承認できなかった理由は以下の通りでした。

  1. ウェブサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない
  2. お申込みのURLに入力謝りがあり、サイトを確認することができませんでした
  3. 閲覧規制がされていて内容が確認できない。または閲覧規制をかけているコンテンツがあるため審査ができない
  4. お申込みフォームに登録した(私の)住所、氏名、電話番号が正しくありませんでした
  5. サイトのドメイン名にAmazon、javari、kindle、その変形、スペルミスを含んでいる
  6. 知的財産権を侵害している(コピペサイトという意味かな?)
  7. 露骨な性描写がある(アダルトサイトとかですね)
  8. 申し込んだのが未成年だった(これは私には該当しない)

という感じでした。だいぶはしょってはいますが、恐らくはどの方も同じような回答が送られてくるのではないかと思います。つまり簡単に言えばこんな感じです。

Amazonアソシエイトに申し込んだ方のサイトが「未完成か作ったばかりだった」か「サイトURLを間違って申請したから確認が取れない」「パスワードなどの閲覧規制がされていてチェックできない」「登録者の情報に誤りがある」「サイトのドメインに禁止スペルがある」「コピペが激しい」「アダルトサイトだった」「未成年の運営するサイトだった」から承認できなかった。

というわけです。このどれかが当てはまっていれば承認は下りないという事になるのです。これを見ると、このブログは作ったばかりの頃に申請したのでダメだったのかもしれませんね。

もし今回もダメだったら、もう少し時間が経ってからもう一度申請したいなと思っております。30回くらいで合格した方もいるみたいなので、私もちょっと頑張ってみます。

まとめ

いかがでしたか? 今回はAmazonアソシエイトの承認を受けたいけど承認されないのはどうしてなのかや、どうすれば承認されるのかについてのお話をしてみました。

このブログは今回で二回目の申請となります。いったい何回目で審査が通るのかが見ものですが、審査が通ったら1が当てはまっていたのだなと思います。

随時ご報告いたしますので、同じようにAmazonアソシエイトの申し込みをしている方の励みになると嬉しいですね。

追記

追記:申請してからわずか30分で非承認の連絡がきていました。するとアソシエイトのサイトにも入れなくなるんですねぇ……。投げやりになる人が多いのも頷けます。うーん。どうするべきか悩みますがとりあえず頑張ってみます。

とりあえずしばらくは更新してコンテンツを増やしていってみますが、どのサイトでも承認されないとムカつきますねぇ。ちなみに過去に承認されていたのはもっとごちゃごちゃとした無料ブログでした。精進しなくちゃならないのはわかるけど、漠然としすぎているのでヒントくらいくれよって思うのが本音です。中には30記事以下でも通った人もいるみたいですね。文字数は1000以下みたいでした。それも納得できないなぁ……。まぁ、だらだらとした内容よりすっきりしていて収益になると思ったのかもしれませんね。難しいもんです。

さらに、著作権の侵害についてひっかかるのであれば、音楽やDVDのレビューを外してみました。もしもこれでも通らなかったら後はなんだろう? 家族の事を話しているのが悪いのかな? 私の娘は障害者ですが障害者について語ると差別という内容の条件がありました。でも実際に障害を抱えている方のサイトもたくさんあるはずです。それを差別としてとらえるのであればこれはAmazonの問題ですね。障害を抱えている子供を持つ親が子育てについて話す事が差別になるなんて事になったら、それこそAmazonが区別している事になると思うのですね。

なのでこれだろうと思うものを排除していって、それでも通らないのならばこれはAmazonの差別という事でメールなどで抗議させていただくつもりです。とりあえずは間を開けて再び申請してみます。

色々と調べてみましたが、障害児の子供の話題を記事にしているブログの中で、Amazonのバナーが一つもありませんでした。これは恐らく障害を持っている方のブログのほとんどは、差別しているとみなして承認されないようになっているのかもしれないと思っています。という事は、このブログはどれだけ頑張っても発達障害の娘の話を削除しないとAmazonの承認はおりないという事だと判断しました。という事でAmazonのアソシエイトの承認はこのブログでは断念します。他のブログでもやる気がなくなってしまいました……。そのうち考えてみますが、特集はできたらしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

Lankingの応援よろしくお願いいたします

母国語に翻訳してね!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 暑い!春だというのに暑すぎます。高知県は南国というだけあって、春になったらすぐ夏というくらいの気温に…
  2. ここのところずっと自分のブログを更新できませんでした。何のかんの言っても仕事が忙しかったというのはと…
  3. 皆さんは「セルフバック」という言葉を聞いた事があるでしょうか? 男性なら聞いた事があるかもしれません…
ページ上部へ戻る