自閉症の息子さんを亡くされたご両親の記事を読んで他人事じゃないな【前半】

  • 2018/12/22
  • 自閉症の息子さんを亡くされたご両親の記事を読んで他人事じゃないな【前半】 はコメントを受け付けていません。
スポンサーリンク

今日インフルエンザの予防接種を受けてきました。子どもも一緒に母も一緒に受けてきたのですが、注射を受けて1時間くらい経過したころから私の具合が悪くなってしまうトラブルが?発生!

夕飯を済ませて先ほどまでぐったりしていましたが、少し回復したのでニュースをチェックしていたら、こんなニュースを発見しました。

『精神科の「隔離と薬漬け」の末に亡くなった、38歳男性と両親の無念』
Yahoo!ニュース URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181218-00058808-gendaibiz-bus_all

私の子どもも「自閉症スペクトラム障害」で重度の知的障害です。現在は養護学校に通っていますので他人事ではありません。だからこそこのニュースを見て記事の内容をじっくりと読んでみました。

記事を要約すると、このご両親の息子さんは重度の自閉症で知的障害があり、てんかんを抱えていたようでした。亡くなる数か月前まで元気でしたが、お父さんが病気になってしまったのがきっかけで、息子さんを施設に預けるという選択をしたようでした。

施設へ預けた最初の方は良かったようでしたが、ショートステイだったためだと思うのですが、施設を転々としたようですね……。そして行き着いたのが『精神病院』だったのだそうです。

その病院では隔離され大人しくさせるために様々な薬を大量投与していたのだそうです。これは後でわかった事のようですが、異変を感じたお母さんは退院させようとしますがかなわず、ようやく退院させた一月後に息子さんは亡くなったのだそうです。

現在は病院と裁判で争っているのだというお話でした。

確かにすごくショックな記事でしたが違和感もあります

なぜ違和感があるのかというと、この記事を書いた方は亡くなられた息子さんを「重い自閉症を患い」とか「重複障害者だった」などと書いている事。

自閉症は病気ではありません。患うという表現はいかがなものかと思ってしまいます。多分記事として取り上げたけれど自閉症の事あまりご存知ないのかな?

自閉症は生まれつきのものであって、いきなり発症するものではありません。発症する人っているのかな?今度調べてみよう……。

私もね、実は子供が生まれる前、自閉症って家に閉じこもっている人の事かと思っていたのです。無知ってすごく恥ずかしい事ですよね……。

あ、話は戻ります。この記事を読んで思ったのは、どうして自閉症の方を精神病院に預けたのかな?という点です。精神病ではありませんので不思議で仕方がないのです。

てんかんは確かに治療が必要なのかもしれませんが、それにしても精神病院なんて聞いただけでも恐怖してしまいます。

というのも以前、知られざる精神病院の内部レポートみたいな企画を立てた某雑誌(現在は無い)で、なんでもない人を患者に見立てて潜入させたのだそうです。

そこで行われた治療は薬漬けだったそうで、思考能力が低下してぐったりとしてしまうのだそうです。ご本人も「自分は実は潜入レポートで来たんです」なんて説明したようでした。

ですが、そこは精神病院ですから「あらそうなの~」という感じだったそうです。必死に外部に助けを求めたようですが、助けようが無かったようでした。

とうとうあきらめかけた時に、その方の父親がやってきて無理やり連れ帰った事で事なきを得たのだそうです。これが精神病院なのか!と恐怖したものでした。

そんなところに息子さんを預けてしまった事に責任を感じたご両親のお話でしたが、精神病院の対応もとてもおかしい!確かにおかしい!

院長先生に状態を聞こうとしても逃げ回っていたようですし、隔離していないかどうかを聞いたら隔離はしていないと答えていたそうです。さらにカギは閉めず出入りは自由と言っていたのも嘘だったそうです。

悲しいけど病院だけが悪いとも言えないのが現実

ご両親にとっては大事な息子の変わり果てた姿を見たら相当悲しかったでしょう。もしも自分の子供がと考えたら身震いしてしまいます。

確かにこの病院はおかしなところがたくさんあります。院長が逃げるて……。どないやねんと!多分後ろめたい気持ちがいっぱいあるから逃げたのでしょう。

この病院は確かに嘘をついて必要のない薬を処方して、国からお金を取っていたのかもしれません。でもそういう病院ばかりではないと信じたい。

もしも一般的な病院があって、そこが精神病院だったとします。精神病院じゃなくて施設でも同じですが、両親や家族にとっては小さい頃から一緒に暮らしているから大切な家族です。

例え暴れても奇声をあげても「今嬉しいんだな」とか「今は嫌がってるんだな」とかわかります。ですが施設の人はどうでしょうか?赤の他人!しかも大人です。

スポンサーリンク

その大人が突然暴れだすんです。中には他傷といって他人を傷つける人もいます。ここで勘違いして欲しくないのは全ての自閉症の方たちが同じ事をするとは限りません。

でも他傷をする人が暴れた場合、お世話をしている方は相当な恐怖を味わう事にならないだろうか?暴言を吐いて襲ってくる相手から身を守ろうと思わないだろうか?という点です。

病院や施設は常に一人に一人スタッフさんがついているとは言えません。それに一人がパニックになったら周囲の障害を持つ方も、同時にパニックになってしまう事だってあるのです。

そうなったら、隔離してパニックが広がらないようにするかもしれません。悲しいけれど大人になったら誰にでも起こりうる問題です。

我が子が同じ立場になるかもしれない恐怖!

私の子供は奇声を上げるという事はしていません。嫌な時は「嫌~!」と言います。必要以上に大きな声をあげる事はありません。

今はです!

今後成長するにしたがって今までは無かった行動や言動が出てくるでしょう。その時私はいくつ?子供も立派な大人になった時に私はいくつ?

子供が暴れるようなことがあったら止められるのか?それはわかりません。私はシングルマザーだし!どちらかというと高齢出産だし!(完全に)

子供が一番体力がある時、私は60代?制御しろと言われても絶対に無理です。走って逃げてしまったら追いかける事なんてできないでしょう。

仕方ないので泣く泣く施設に預けたとします。その施設ではどんな扱いを受けるのか?これも未知数です。もしも子供が暴れたら?施設の先生にケガをさせたら?

手が付けられないと思われて病院に収容されるかもしれません。そうなったら多分もう終わりです。それが怖くて怖くてたまりません。

だからといって子供のための施設なんて作ろうにもお金もないし、誰がお世話をしてくれるのか?という部分もわかりません。

もちろん国の税金を使って巨大で快適な施設を作れとも思いません。もちろんそれもして欲しいけれど、やっぱりもっとたくさん赤ちゃんが産める環境を作ってあげて欲しいしね。

世間一般では、というか障害を持つ家族がいない人や、障害を持つ兄弟姉妹を恥ずかしいと思っている方の中には、障害を持つ方は生きるに値しないと思っていると考える方もいるでしょう。

確かにそうかも……。それでもね、私にとっては大切な子供なの。

この記事のコメントにね「子供は健常者で産むのが一番」って書いてあってショックでしたわ……。誰だって障害を抱えた子供を産みたいなんて思ってないよ。

思うのは簡単だけど、もしもこのコメントを書いた方がいくつなんだかわからないけど、障害を抱えたお子さんを育てなくちゃならなくなったら同じ事言うんか?って思う。

そういう発言をこの人がする事自体、自分は健常者だって思っているって事なのよねぇ……。でも本当にこんな事言う人が健常者なんかい?って思う。

話それましたね、見ていて「あ、そうだよねぇ」というコメントだったので、ついつい横道にそれてしまいました。

その意見には少なくとも大賛成です。健常者産んでください。でも何が健常者なのかな?どれが健常者なのかなっていつも思うけどね。自分を含めてだけど。

ままま、それは良いとして、私はこの記事を読んで心がいたんだという事以外に疑問点もいくつかあるのです。

今回はここまでにしておきます。ちょっと長文過ぎるので後半はまた後で掲載いたします。

実際に自閉症の娘を持つ私としては、この問題はすごく深く胸に残ったものでした。これから先、私もどうすべきなのかをじっくりと考えていかないとなりませんね。

続きはすぐに公開いたします。ここまで読んでいただけた方には、心より感謝をいたします。ありがとうございます。

後半につづく~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

Lankingの応援よろしくお願いいたします

母国語に翻訳してね!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前回の記事に引き続き、自閉症の息子さんを精神病院に預ける事になってしまい、その結果面会もさせても…
  2. 今日インフルエンザの予防接種を受けてきました。子どもも一緒に母も一緒に受けてきたのですが、注射を受…
  3. 慢性腎不全の叔母がC型肝炎の治療薬『マヴィレット』を処方されたというのは前回の記事でお話ししましたが…
ページ上部へ戻る