娘の乳歯が週5本抜けてワンワン泣いて笑っちゃった

スポンサーリンク

小学生の娘は毎日一生懸命生きています。私が忙しいからストレスもあると思うけど、毎日健気にどうやったらママが自分と遊んでくれるんだろう?と日々仕事の邪魔をしてくれます。

ムカッとくるけど憎めない私の娘。今日はそんな娘の乳歯がばっさばっさと抜けていくというお話をいたします。

娘は自閉ちゃん!何でか知らないけど我が家に天使が降りてきた

娘は自閉症スペクトラム障害。重度の知的障害であると認定されたのは4歳の時。

皆は「うっそ~」というけれど、生まれた数日後の病室で娘の様子を見ていた私は「おかしい」と直感していた。母だからなのだろうかとも思ったがそうではありません。

私には息子もいまして、その息子は健常者です。1歳児健診の時に3歳児半くらいの知能があると言われたいわゆる天才児だった。2歳のころには自分でビデオを操作していた息子。

その息子とあまりにもかけ離れた行動をその頃からとっていた娘。

何が違ったのか?それは目の動き。明らかに目の動きがおかしいのだ!新生児なんだからそんなのわかるわけないと思うかもしれないけれど、本当におかしいと思った私は先生に聞いた。

「先生、この子なんだか目の動きが妙なんですけど障害持ってません?」

すると先生はこう言った。

「産まれたばかりの赤ちゃんはみんなこうだから心配しない」

でもその頃から多分私は確信していたと思う。この子は障害を持って産まれてきたのだと。それでも娘の成長はとても素晴らしかった!

ハイハイしないでいきなりつかまり立ちをしたし、そこからあっという間に伝い歩き、1歳の頃には部屋の中を普通に闊歩していた。

それでもその頃には相当の問題があった。それは「言葉」普通なら食べ物を「まんま~」とか母親の事を「まま~」とか言うもんだけど、娘はいつになっても言葉がでてこなかった。

しかもとにかく泣く!5分おきに泣いていた。私はそのたびに我慢強く何が足らないのか?何がこれほど娘を泣かせるのかを考えた!でもわからなかった。

さらに困ったのは食事だ!離乳食をほとんど食べてくれない。口にするのはミルクだけだった。その内にヨーグルトとか食べさせていたけれど、決まったものしか口にしない。

お米は嫌いで絶対に口にしなかったので、仕方なくパンをあげていたのだけど、食パンしか食べてくれなかった。毎回食パンとミルク!戦後の子供だってもう少し食べたと思う。

そんな娘も保育園に行ったらみんなが食べているからなのか、それとも給食が美味しかったのかすごくよく食べてくれた。すごくホッとしたのを覚えています。

そして今は小学生。私も娘が好きなものがわかってきたのと、小学校では何でも一口!と言って食べるようにしてくれたので、家でも一口食べて!というといやいや口に入れてくれます。

で、一応食べてくれるけど好きなものができたらそれが無いとダメ!という生活が続いていました。

そんな毎日を過ごしていた昨年から乳歯が一つ、また一つと抜けていきます。

でも前歯の4本上下が抜けた後はほとんど変化がありませんでした。ところが最近になったらどんどん抜けていくのです!

乳歯が再び抜け出しているけどこんなに抜けたっけ?

自分が子供のころ乳歯がいつ何本抜けたのかなんて覚えていないので、小学校2年生でどのくらいの乳歯が抜けるのかの見当がつかない。

娘も特別私に何か言うわけでもないので(言葉が出ないから)私もそのままにしていました。ところが、ある日娘がにこっと笑った時に発見してしまった!

下の左側の真ん中から3番目の歯が抜けている!すごく嬉しかったけれど、次の日は学校から「歯が抜けました」と連絡が来て、なんだろう?と思ったら上の糸切り歯が抜けていた。

え?そこもかい?と思っていたら、なんだか娘の様子がおかしい……。いつもはがっつり食べてくれるのに、その日に限ってあまり食がすすまないのです。

スポンサーリンク

何でかな?と思って聞いてみると、娘が嫌そうな顔をして私の指を口に持っていきます。何?と思って触ってみると、下の右側の歯がぐらぐらしていました。

え?またなの?知らない内に4本も歯が抜けていて、さらにぐらぐらしている歯があるなんて!とびっくりしました。

でも自分の歯だったらえいっ!ってできるけど、娘の歯をえいっ!とはできません。それでも娘が「とって!」という仕草をするので、思い切って引っ張ってみました。

ところが、まだくっついていて取れないのだっ!じわっと血がにじんでくるのを見て「ぎーーーっ」となった私は娘に

「ごめん!無理だぁっ!」

と謝りました。せっかくとって欲しかったのに取れない私にイラっとした娘は、口に手をあてて「怒ってます」ポーズをします。

平謝りに謝ったけれどその日はずっとその歯を気にしている様子の娘。次の日の朝学校に行く時もなんだか食欲がなくて、大好きなビスコを食べ残していました。

あ、娘はビスコが大好きで朝食はビスコ、またはベビースターラーメン、もしくはポテトチップスと決めています。こだわりが強くて変更不可なんです。

でも休みの日はパンくださいな~!ってするんですけども、変なこだわりですね ほんと。

次の日学校から戻ってきた娘の様子が明らかにおかしい

え?何で?と思ったのですが、娘は多くを語ろうとはしません(語れないんだけど)。食事の時も全く浮かない顔をしていました。

もしかしたら学校で何かあったのかな?それともデイサービスで何かあったのかも?と思っていたら、テーブルで食事の準備をしている私のところへやってきます。

どうしたのかと思ったら、私の指をつかんで再び口の中に!「え~、またやるの?怖いって」といいながらも触ってみると

ないっ!昨日の歯がないっ!

どうやら学校かデイサービスにいる間に抜けてしまったようでした。それを報告したのかと思って「良かったねぇ」とほめてあげると、娘はぐにゃっと顔をゆがめました。

普段はめったに泣かない娘。そんな娘が涙を我慢していたので「どうした?何があったの?」と手を出すと、ずいぶん久しぶりに膝に抱っこしてきました。

そしてえーんえーんと泣き出したのです。どうして泣いているのかわからなかったので、とりあえず慰めようと決意した私は「歯が抜けちゃったねぇ、でも良いんで~」

「〇〇ちゃんは大きくなんたんだし~」「子供の歯は抜けても大人の歯が生えてくるからね~」なんてなでなでしながら話していました。

それでも私の肩に顔をうずめて泣いていた娘はパッと起きて「そういうんじゃないねん!」違うねん!」と言ってスンスン泣いています。

もしかしたら娘は歯が一度に抜けてしまったのがショックだったのかもしれません。永久歯が生えてくるまでには時間がかかるし、何よりも大好きなお肉を上手にかじれないのかもしれない。

結局その日は30分くらいずっと肩に頭を乗せてワンワン泣いていたわけです。そんな娘はまさに天使ちゃんでした。

今もまだ違和感はあるみたいだけど、普通に食べられるようになりました。

でも今度はまた虫歯にならないようにしないといけないので本当に心配です。

また来年歯医者に行かないといけないので、不安もありましが頑張って通います!今度は最後まで治療をしてもらわないと!

自閉ちゃんや障害を抱えているお子さんの歯の治療は

どこにでもあると思うのですが、高知県だったら安心センターというのがありまして、そこが障害を持つ方専用の歯医者さんになります。

皆嫌がっちゃって大変ですが、お互い様なので気にはしません。私はです。でも娘がブルってワーワーやり始めると、他の障害をもつ方もワーワーなりますからね。

いきなり診察は受けられないというか、いっぱいで受けにくいと思うので予約の電話を入れるといいですよ!一度お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

Lankingの応援よろしくお願いいたします

母国語に翻訳してね!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前回の記事に引き続き、自閉症の息子さんを精神病院に預ける事になってしまい、その結果面会もさせても…
  2. 今日インフルエンザの予防接種を受けてきました。子どもも一緒に母も一緒に受けてきたのですが、注射を受…
  3. 慢性腎不全の叔母がC型肝炎の治療薬『マヴィレット』を処方されたというのは前回の記事でお話ししましたが…
ページ上部へ戻る