小学生からプログラミングが必須科目になった事について

スポンサーリンク

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年も昨年同様にできる事をどんどんやって、頑張って子育てしていきたいと思っております。

さて、今日の話題は小学校のプログラミング授業の必須科目が始まる件についてを話題にしたいなと思っております。

いよいよ来年から小学生のプログラミング授業が始まる!

2020年から小学生のプログラミング授業が必須科目になりましたね。子供の頃からプログラミングができるなんて、すごくうらやましい時代になったものだなぁと思います。

私が小学生の頃、友人のお兄ちゃんがMSXだったっけかな?あれでプログラミングなどをしていました。あれはすごかったなぁと本当に思ったものでした。

当時は小学生からプログラミングなんて事は全くありませんでした。当然今の年齢までプログラミングが小学生の頃から覚えられるなんて事もありませんでしたし……。

ところが文部科学省が昨年かな?小学校でのプログラミング授業が必修となる事を発表しましたね。とっても素晴らしい事だと思うけれど、また何でそんな事を急にやろうと思ったのか知りたくありません?

そこでちょっと個人的にも興味があるし、仕事でもこの事に携わったりしたので私も拾ってみたいなと思ったわけです。

小学生でプログラミングが必修科目になった背景について

どうしてなのかというと、やっぱり将来的にエンジニアが必要になるからでしょうね。エンジニアって突然なれるもんじゃなくて、やっぱりプログラミング言語を勉強しなくてはなりません。

大人になってからプログラミング言語を勉強するよりも、子供からプログラミング言語を学んだ方が、よりエンジニアを目指す子が増えるのではないか?という考えなのかもしれませんね。

もちろんこれも理由の一つなのかもしれませんが、実はもっと他にも理由があったりするのです。その理由について簡単に説明いたします。

理由その1 IT人材の確保

これは先ほど申し上げた事と同じですね。システムエンジニアとかってすごく複雑なプログラミングを行うので、小さいうちから学んでおけば将来その道に進む人も増えるのではなかろうかというわけです。

ちなみに日本では2020年から必修科目になるのですが、すでに導入している小学校もあるみたいですね。試験的に始めてみてそのままスムーズに必修化に向けて進んでいこうという事なのでしょう。

小学生の頃からプログラミングとかいうと「早くね?」と思う保護者の方もいらっしゃるかもしれませんけれど、海外ではすでに導入しているところが多いみたいです。

日本が導入するのが遅いくらいだったかもしれません。でも日本の子供たちは優秀だと思うので、きっとすぐに追いつけるのではないでしょうか?と私は思いますがどうだろう。

でも子供たちはすぐにプログラミングの楽しさを覚える事ができるかもしれないけれど、先生はどうなのかな?年齢的にパソコンを使った事が無いという方もいるでしょうし。

そちらの方が大きな課題になっていくのではないかな?と思いますよね。

理由その2 子供たちに理論的な考え方をして欲しい

そもそもプログラミングというのは理論的に考えて組まないと動きません。そのためプログラミングを覚える事によって、理論的な思考ができるようになる可能性が見込めるというわけですね。

もしも作ったプログラムが上手に動かないとしたら、何が原因なのかを考えたりミスを見つけなくてはなりません。そこでイライラしたって動かないものは動かないからです。

でも原因が見つかってプログラミングを正す事によって、プログラムが上手に動いたとします。すると動かせたという喜びを得る!理論的な思考がいかに大事かがわかるという予想ですよね。

プログラムって一つ間違っただけでも動きませんからね。そこでブチ切れしてもどうにもならないわけです。ただひたすら間違いをチェックして正す!で動かす。これの繰り返しです。

と言ってもそれは高度なプログラミング言語を使ったプログラムですから、小学生の頃からコーディングを行うというわけではないので理論的思考になるかどうかは私にはわかりません。

ただ、プログラミングを学ぶ事によってすぐキレたりする人が少なくなるんじゃないか?という感じなのかなぁと個人的には感じました。

でもそのくらいで理論的思考になるかどうかは定かではありませんし、何の保証もない事なのでは?と思ってしまうのです。

スポンサーリンク

子供たちが学ぶプログラミング言語ってどんなの?

子供たちが学ぶのですから当然ながらコーディングというものはしません。コーディングというのはプログラミング言語を一つずつ、なんて言うんだろ?キーボードで打ち込む?って言ったらわかりやすいですよね。

そういう事はしません。ええと、小学生がプログラミングっ言語を学ぶ時には、コーディングの代わりにブロックというものを使って行うのですね。文科省で推奨しているかどうかはわからないけど目で見て楽しめるもののはずです。

学校によって選択は違うのかもしれませんが、人気なのは今回ご紹介するものの中から選ばれるはずですよ!

Scratch(スクラッチ)

スクラッチはですね、ブロックを組み合わせてゲームを作ったり絵をかいたりする事ができる、目で見てプログラミングを学習できるという無料のソフトです。

目で見てプログラミングを行うこうしたソフトの事を「ビジュアル・プログラミング」と言います。ソフトはダウンロードして使うのではなくて、インターネット上で学習する事ができます。

学校にハイスペックなパソコンを置いたら犯罪者の餌食になってしまうかもしれないし、実際に使うのはiPadとかだったりするので、インストールしなくても良いものを使った方が都合が良いですよね。

もちろん宿題をやりたいから家のパソコンやiPadを使いたいという方もいらっしゃるでしょう。そんな時にも特別ソフトを用意しなくてもできるのでおすすめです。

とっても簡単で、小さなお子さんでも操作ができるソフトです。お父さんもお母さんも一緒に楽しくプログラミングの勉強をしてみると良いですね。

Minecraft(マインクラフト)

マインクラフトって大人気のゲームとして知っている方が多いかもしれませんね。あれの事?と思った方もいるかもしれませんが、あれの事です!

実はあのマインクラフトもプログラミング言語の勉強をする事ができるんです。あれも全てがブロックでできている世界で、様々なものを作ったりして動かしています。

あれはすでにビジュアルプログラミングをしながら行動しているゲームですからね。もちろん普通のマインクラフトだけではなく、教育用としてつくられたものもありますよ!

それは「Minecraft:Education Edition」というタイプですね。これを使って実際にブロックを組み立ててプログラミングの勉強を行うというもので、楽しくプログラミングの勉強ができて良いですよね。

他にもビスケットとかいろいろとあります。お子さんだけじゃなくて大人も意外とハマっていたりします。私もマインクラフトは大好きなので遊んでいますけれど子供さんも楽しめると思います。

自宅でもパソコンとか必要になるものなの?困る事ってないの?

多分、何が一番困るかというとやっぱり宿題とかよね?子供がいきなり「お父さん教えて~」となった場合、どうやって教えてあげればいいのかがわからない。

宿題がわからない時に教えようがないんじゃね?という心配は当然芽生えるでしょう。でもビジュアルプログラミングなので、目で見たら大人ならわかれるはず。

そのために環境を整えておく必要はあるかもしれないですね。でもそんなにハイスペックなパソコンなどは必要ないとは思います。ごくごく普通のスペックのパソコンで十分じゃないかなと……。

iPadくらいでも十分すぎるかもしれないですね。子どもに教えてあげる喜びを味わう事もできるので、用意しておいて損をする事は無いでしょう。

今回は小学生のプログラミング学習が来年から始まるという事、そして実際に使われそうな教材についてをご紹介いたしました。この記事がお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

Lankingの応援よろしくお願いいたします

母国語に翻訳してね!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前回の記事に引き続き、自閉症の息子さんを精神病院に預ける事になってしまい、その結果面会もさせても…
  2. 今日インフルエンザの予防接種を受けてきました。子どもも一緒に母も一緒に受けてきたのですが、注射を受…
  3. 慢性腎不全の叔母がC型肝炎の治療薬『マヴィレット』を処方されたというのは前回の記事でお話ししましたが…
ページ上部へ戻る